母乳育児を成功させるための10か条

WHO(世界保健機構)とユニセフが1989年に全世界の産科施設に対して「母乳育児を成功させるための10か条」を守ることを呼びかけました。

  •  1.母乳育児推進の方針を文章にし、すべての関係職員がいつでも確認できるようにする。
  •  2.この方針を実施する上で必要な知識と技術を全ての関係職員に指導する。
  •  3.全ての妊婦に母乳の利点と授乳の方法を教える。
  •  4.母親が出産後30分以内に母乳を飲ませられるように援助する。
  •  5.母乳の飲ませ方をその場で具体的に指導する。また、もし母親を赤ちゃんから離して収容しなければならない場合にも、母親に母乳の分泌を維持する方法を教える。
  •  6. 医学的に必要でない限り、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにする。
  •  7.母子同室にする。母親と赤ちゃんが終日一緒にいられるようにする。
  •  8.赤ちゃんが欲しがるときはいつでも、母親が母乳を飲ませられるようにする。
  •  9.母乳で育てている赤ちゃんにゴムの乳首のおしゃぶりを与えない。
  • 10.母乳で育てる母親のための支援グループ作りを助け、母親が退院するときにそれらのグループを紹介する。

出来るなら母乳育児に関わる全ての病院・施設で、この10か条を実践して頂きたいと願っています。

▲ページのトップへもどる